日常で自分の子供や生徒たちと
接していて思うことは、

本当に子供は無垢な存在。心はスポンジ。

そしてその子の人格形成や進路には、
家族、ほとんどの場合
両親が関わります。

よくあるある、
「ピアノの練習」に例えてみます。

① 練習しないとママが怒ってたたく 
 「練習するまでおやつなし!」
 「そんなんだったらやめちゃいなさいっ! 」
 
これはわかりやすいコントロール

② 練習しないとなんとなーくママの機嫌が悪い。
 こりゃ練習するフリだけでも
 しといた方が良さそうだぞ

これは静かなコントロール

人間の行動は
痛み快楽
恐れなのかなのか
に集約されます。

①②のように、こっちに行くと
痛い目に合いそうだ、
という場合には、痛みを避けて、行動します。

最後に

親も子供も、もっとも気づかないコントロール

練習した時、ママは褒めてくれる!!

これは、痛みを避けて練習していると同時に
親の快楽と、自分の快楽との境目がなくなっています。

③のコントロールは、時間をかけてじわじわと、 
無意識に、子供の人生の舵を取り 
親の思い通りの人生を子供に歩ませることに 
つながります。 

練習なんて自発的にしなければ意味がない。
いやいや練習させることは

練習嫌い→ピアノ嫌い

を誘発させると私は思っています。
(初期には練習にお母様が付き合う、
家でお尻をたたいてもらう協力は不可欠ですが)

レッスン楽しい→ピアノ楽しい→練習も楽しい→上手くなってまた楽しい

になると良いなと思って指導しています。

私の今までの指導歴では
ピアノが嫌いになってやめてしまう生徒は
ほとんどいません。

逆に音楽の道には進まなくても、
受験が終わってから、
ピアノを続けたい
門をたたいてくれる生徒がいること
とっても嬉しいです♫

あなたの人生につきまとう

両親からのコントロール
先生からのコントロール
上司からのコントロール

あなたの子供にも、同じことができてしまいます。

手放して行きましょう。

体験セッション
しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。