先日、友人主催のイベントに参加しました☆

普段、記者をしている友人が

自分自身の抽象的な価値観を表現する、

という斬新かつ素敵な内容でした。

会場もステキ!

 

 

テーマは

ワンピース、着物、スカーフ、ウイスキー。

これらをトーク、デジタルアート、朗読、試飲を通して表現する。。。

想像できますか?

彼女の歴史と感謝が詰まった、

あたたかさを感じ、

それでいて輝く未来を確信しました♡

 

********

 

音楽や芸術以外にも、

表現方法は限りなくあります。

 

あなたは、「自分の価値観」を

どのように表現して生きていますか?

 

イベントで朗読された、

力強い詩をひとつご紹介します。

 

この詩は合唱曲にもなっており、

昔、中高の生徒たちの伴奏をしたことがあります。

学生でも、大人になっても、

いくつ歳を取っても、こんな気持ち

忘れたくないですね!

 

 

 

「わたしを束ねないで」  新川和江

 

わたしを束ねないで

あらせいとうの花のように

白い葱のように

束ねないでください わたしは稲穂

秋 大地が胸を焦がす

見渡すかぎりの金色の稲穂

わたしを止めないで

標本箱の昆虫のように

高原からきた絵葉書のように

止めないでください わたしは羽撃き

こやみなく空のひろさをかいさぐっている

目には見えないつばさの音

わたしを注がないで

日常性に薄められた牛乳のように

ぬるい酒のように

注がないでください わたしは海

夜 とほうもなく満ちている

苦い潮 ふちのない水

わたしを名付けないで

娘という名 妻という名

重々しい母という名でしつらえた座に

坐りきりにさせないでください わたしは風

りんごの木と

泉のありかを知っている風

わたしを区切らないで

,や・いくつかの段落

そしておしまいに「さようなら」があったりする手紙のようには

こまめにけりをつけないでください わたしは終わりのない文章

川と同じに

はてしなく流れていく 拡がっていく 一行の詩

 

*****************

松岡直子公式メルマガ
【Happy Original Life】

メルマガご登録はこちらから↓↓↓
https://www.reservestock.jp/subscribe/88057

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。