3月17日(日)のコンサート

ママからママと子どもに贈る
春の声コンサート

 

の準備を楽しくしています!

最初はSちゃんと2人で「やりたいね〜」と思っていたことが

仲間(共演者)が増え、本番のスタッフ、お手伝いにも

たくさんの方のご協力を得られることになり、

本当にありがたいです♡

 

久しぶりに本番前からワクワクしています☆

 

たくさんの方にお越しいただけそうなのですが

まだお席はありますので

よかったら当日ふらっと寄ってくださいね。

 

 

仲間と共演するときも

自分のコンサート中の至福の時でも

身近な人がピアノを弾いてくれる時でも

生徒のレッスンでも

好きな曲や懐かしい音楽を聴く時でも

音楽って、演奏しても聴いても

癒されます。

が、それに全く気付かずに

長い間生きてきました。

 

演奏を聴く時に、もちろん

上手いと嬉しい。

 

昔は、音質がどうだの、

ミスタッチがあるとか

ホールが悪いとか、

粗探しをするように人の演奏を聴いていたなぁ。

 

恥ずかしい(・_・;

 

けど、上手くなくても

嬉しいこと、たくさんあります。

 

夫の口笛(←上手いけど)

娘が歌う、歌詞も音程もよく分からない歌

おばあちゃんが娘に歌ってくれる曲

アマチュアの方の演奏会

 

誰だって家族や大切な人が

弾く姿をみて

何気なく、一生懸命

表現するのを見て

感動する。

 

この先、娘がピアノを習ったりして

発表会で演奏する姿を見たりしたら

涙出そうです!

(今のところピアノ弾く気ゼロ_| ̄|○)

 

演奏して、それを受け取ることは、

エネルギーを伝え合うこと。

 

どんな音でも、癒しですね。

 

今回の私の人生で

「表現すること」

自分のテーマだと確信しています。

 

だけどそこをホジクリすぎて

What 何を表現するのか。

Why どうやって?

When いつ?

Who 誰に?誰と?

Where どこで?

Why なぜ表現するのか



そんな風に考えて

しこたま悩む時期がありました。

 

そして悩む時にも

音楽をすること、ピアノを弾くことは

私の喜びである!!!

 

という大前提で考えないと

とんでもない結論が出てしまいそうで

怖かったり(・_・; もしました。

 

「自分にとっての音楽」に

意味を与えたい。

と思ってあれこれ考えていましたが、

家族

友人

アマチュア演奏家さん

プロの演奏家さん

音を楽しむプロフェッショナルが

周りにたくさんいて

「あ、こんな感じでいいんだ。」

と最近は楽に音に向かえています。

(そうなると仕事入ってくる、、、笑)

 

感謝。

 

ひとりごとでした。

 

季節の変わり目。

体と同じように

心も大切に

無理せずに

労って

癒してあげてくださいね♡

 

今日は、ここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。