先日娘のためにお雛様を買ってもらい、
節分も終わったので、飾りました!

お雛飾りと一緒に、「はじめてのおひなまつり」
という絵本が付いていたのですが、
なるほど!と思うことが解説されていました。

お雛祭りには、
良いこと(お嫁入り)が起こることを願って
先にお祝いをすると実現する
という考え方が入っています。

ほほー。
これって、前回のイベント
「ドリームボードを作る会」
の内容そのもの。

そして今度のセミナー

2/24(土)14:30〜17:30
夢を叶えるための

8つのマスト セミナー

でもトピックにしている
内容そのもの。

昔の人は、現代人よりもずっと
信心深かったですし
霊媒能力とか、天国地獄、
妖怪、幽霊、亡霊、迷信、、、
信じていました。
神様にも節目節目で必ず
ご挨拶していました。

宮部みゆきさんの時代小説なんかは、
面白いですよ〜!
とくにお化けが出てくるやつ( ゚д゚)

不吉な出来事を、この前死んだ
小吉(仮名)の仕業でねが〜!と
騒ぐこともあったでしょうけど

反面、
おめでたいことは、前祝い。
実現したい「幸せ」を先取りして
お人形や行事に託していたのですね。

・笑う門には福来たる
・災い転じて福となる
・福必ずしも福ならず、禍必ずしも禍ならず
・災いも3年たてば福となる

昔の方が
スピリチュアルな考え方が
自然だったのかも!?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。