女の子だからピアノを、教養を
というような教育方針のご家庭はよくあります。

以前教員をしていたときには、
音楽の成績が悪いと、お嫁に行けない、
と成績にクレームをつける
保護者の方がいました(^_^;)それついての良し悪しは置いといて、
私は男に生まれたら多分、
ピアノをしていなかった様に思います。男性、女性
どちらに生まれたかったかというと。
男でありたかった。
男が良かった。
絶対に生まれ変わったら男だ!とずっと
思っていました。

いつまでそんな気持ちでいたか、
思い返すと妊娠まで。
妊娠したのは嬉しかったけど、
まだしつこく、
絶対に男の子が欲しいと決めてました。
それが女の子だとはっきりわかった時、

「そんなはずない!次のエコーでは
ついてるんじゃないの!?」

とまで言ったけど、赤ちゃん育むと
男も女も変わらず自分の子だから愛しい(^^)

どうして男が良かったのか。
また考えると

何故って体力の違い。

  • 男の方が体力がある!
    (本当はそんなこともない。笑^O^)
  • 体力があればやれることが増える。裏返せば
    私はやれば出来るはず!なのに
  • 体力がないから
    (実際はかなりスタミナありますよ、笑)
    だから出来ない。
    とか、
  • 何でも自分でやらなければいけない。
    だったら体力ある方がおトクじゃないの。
    女で損したー!

    ●頑張ったら何でもできる。
    ●頑張らなくちゃできない

    というような観念があったのだと思います。

    今は
    自分の観念を知って、手放す。
    楽に生きることで、

    頑張った時と同じか、それ以上の未来が
    待っていることを知っています☆

    男性、女性、特徴はあるけど
    どちらも良いし、どちらでも良いし、
    性別によってできることの制限なんて
    ないと思っています。

     

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。