あるクライアントさんの人生。


彼女は、表立って起こった事件そのものよりも

それを自分の内側にどんどん隠して溜め込んだ結果、

かなりHeavyな状況になってしまい

そこからなかなか抜け出すことができないでいました。


ライフコーチングのセッションを重ねるうちに、

最近、少しずつ「出来事の意味づけを変える」

ことができてきていますが

数十年、そんな状態だったので、

意味を変えると言っても、

今までの人生がなかったことにはならないし、

消しゴムで消せるわけではないので、

なかなか手強い!

何がHeavyなのかって

もちろん客観的に見て 経験そのものが

なかなか普通ではない、というのもありますが

(普通が何かってことは、ここでは置いといて)

その普通でない出来事の全てが

中学生の時にお父さんに言われた一言を

彼女の良心から、ず~と忠実に守ったために

引き起こされたことなのです。


もう、その一言と一緒に生きているようなものでした。

彼女にとっては、生きて行く上で

その言葉を守ることは大前提。

それが普通だったのです。

誰かの、何気無い一言が

その後何十年も、自分の人生を狂わせる。


本当は狂わせているわけではなく、

それもシナリオ通りなのですが。

そんなことを思っていたら

「宿命」という言葉について

ある人が言っていたことが、思い出されました。

人生のシナリオ=「宿命」は自分で設定したもの。

(魂の自分が設定したことが人生で起こっている。)

だけど、宿命から抜け出すことができます!


***********

ただ、宿命の力はとっても強いので、

ただただ生きて行くと、宿命通りの人生になります。

例えば、

・日本に生まれたから、

・こんな家庭に生まれたから、

・こんなことが起こったから、、、


「こうするしかない。」

「私の人生、こんなもの。」

「これでいいの。」

と考えるのならば、

・日本人らしい

・そんな家庭に生まれた自分に相応しい

・起こった出来事に翻弄される

宿命に沿った人生になります。


宿命から抜け出すには、

宿命のエネルギーに逆らうだけの

エネルギーが必要。


そのエネルギーは、

どうしたら生み出せるのでしょうか。

それは、

宿命から抜け出そうと決めること。


「こんなのいや~!!!」

と思ったら、

「嫌だから、ここから抜け出したる!」

まずは決断です。

そして、

宿命から抜け出す意図を持って

物事を選択して行くことです。


そんな自分であれば、、、

宿命から抜け出すことすらもシナリオで

自分の魂が設定してきたのだとも言える。


人生のゴールは、今まで想像していたものと

全く違うものになり得るのです。


こんな家庭に生まれたから

こんな環境だから無理。

と思えば、それは無理。

もっと温かい両親を持ちたかったと思っても

日本ではない国に生まれたかったとしても

自分のDNAを変えることはできない。


加えて

恋人がこんなふうだったらいいのに。

もっとお給料が良ければ〇〇できるのに。

なんて思っても

人の気持ちや自分以外のものを

コントロールしたり、変えることはできない。


変えることができるものは「自分」だけ。

変えられるのも「自分」だけ。

理想でない人生を今、歩んでいるとしても

それは自分で選んで、計画してきたのです。


計画どおりに生きることもできれば、

計画を変えることもできます♡

今日は、ここまで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。