平成最後の日となりましたね!

先週末から2泊3日、ひとり旅に出て、

・宮島(厳島神社と弥山)

・仙酔島(無人島。宇宙の入り口!?)

・倉敷(大原美術館)と2泊3日、満喫して帰ってきました♡


3日目の朝、Facebookを見て急遽、大学の後輩が

倉敷を案内してくれたり、

その他にも「ありがたい」ことばかりの旅でした。

少しずつ、シェアしていきますね。

絵画鑑賞は好きで、

ずっと訪れたかった

倉敷の大原美術館にも足を運びました。

↑ セガンティーニ 「アルプスの真昼」


「絵画」って

絵そのものは、動かないですよね。


でも、動いています。

風景でも、人物、宗教画でも、

モダンのモチーフひとつにしても。


動きも感じられれば、

枠に入りきらない空間も感じられる。


その一瞬が描かれているけど

過去も未来も、そこから創造することができる。


時間も、風も、音も、光も、

描かれた人物、作者、鑑賞者、、、

関わるすべての人の感情も

全て一枚の平面に収められている。



一瞬の中にすべて「在る」。

「絵」と「それ以外の空間」の境目なんて

ないのです。



************

宮島の弥山、

仙酔島の弥山にも登りました。



遠くから見ると、山は

どーんと、または静かに

その場所に佇んでいます。



でも、山の中に入って感じるのは。。。


山の外側の景色。

木陰と陽光。

木のざわめきと風。

鳥の声と、静寂。



見えるものが見えないものを

聞こえるものが聞こえないものを

お互いがお互いを表現し、

生きている。


どちらも

物理次元と、目に見えない世界との

境界線を味わい、楽しんでいる。


**********


目を閉じると、

見えていたものと

見えていない部分が

混ざり合って、光になる。


3日間、

山に登って

神社に参拝して

海に入って

絵を見て

素敵な人たちに会って


ええ、、、食べて飲んで、、、

そんな感覚をた~っぷり味わいました。



私たちは

人間という体をもって生まれて

見えるものの中を移動して、旅して

そこにいる人との関係を

よりよく築こうとしたりして


一生懸命「現実」を生きているけど


「見えない世界」とず~っと共存している。



見えるものだけを信じて

現実を生きないで


だからと言って

見えないものだけを信じて

頼るのではなく。


バランス。



「境界線」を好きなように

移動できたり、感じられるように

なると良いですね。


見方次第、捉え方次第です。

あなた自身も
見えるものと見えないもので
できている。


「平成」と「令和」の境界線も

楽しんでくださいね!



松岡直子の公式メルマガ【Happy Original Life】

人生解体⇨再構築のエッセンス

ブログには書かない(書けない(^_^;))話題も含め
私の人生観を綴っています。
読んだらあなたの人生も、丸裸!?

☆日常
☆音楽
☆スピリチュアル
☆心理と真理

ご興味のある方は、こちらからご登録いただけます。(無料)
https://resast.jp/subscribe/88057





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。