先日、リサイタルが終わったところですが

その後すぐに室内楽のコンサートがあり

ご報告が遅くなりました。

スリルの後の!?心地よい疲労感と

電車で、徒歩で、

飛行機で!!!

駆けつけてくださったお客様への感謝でいっぱいです。

演奏は、やっぱり本番に

一番良いものをお届けできます!


必死で準備しながらも、

そうなるだろうと思っていましたが

今回はそれを確信しましたし、

自分が表現活動を以前とは違う「意図を持って」

できるようになっていることを

再確認できたことも、大きな収穫でした。

どんなに練習を重ねても。

一回の本番が、一番の成長。

遠くから、そして会場で応援くださった方々、

ありがとうございました!


今回、弾いたベートーヴェンのソナタ

「ワルトシュタイン」は

主催側からのリクエスト。

コンサートのコンセプトは、

レオニード・クロイツァーの校訂版を

使用することでした。


クロイツアー版を使った印象は。。。

まず、クロイツアー版はこちら↓

私が手に持っている楽譜です。


クロイツァーサロンのクロイツァー凉子先生と。


私の先生にお借りしたものです。


書いてあることで主なことは

アクセント(大小ある)
テヌート
ペダル指示
フレーズは「」で表示
表情記号などの楽語表記


これらが結構細かくて、

とくにテヌートは普通は

音をよく保つようにつけられるものですが

クロイツアー版では

モティーフの重心を明確にするという意図

使われています。


ですから、テヌートがあったら

そのモティーフの中でここに重心を持ってくる、

それが分かるように弾く、という作業が必要になります。

アクセントにしても、大きさも大小あり、

はっきり聴かせたいから付いている場合と、

そのまま弾くと、もぐってしまいがちな音に

それを避けるためにつけてあるのかな?

と思えるものがありました。


ペダリングはピアノの変遷に合わせた指示で、

すごく細かく、こだわりがあります。


今回は、私は「ワルトシュタイン」は新曲でした。
(ちなみにリストも。。。)

初めての曲をクロイツァー版で弾くという機会を得て

敢えてこの版しか利用しませんでした⭐︎

その点では、クロイツァー氏の解釈を

演奏に反映できたかな?


ベートーヴェンのソナタは

ヘンレ版などのUrtext (原典版)も

よく使われますが、

今回のような校訂版も、興味深い。

より早く、楽譜の奥にある

ベートーヴェンが伝えたかった音楽が見えてくる、

わかってくる感じがしました。

その校訂の意図を汲めるのであれば、

校訂版はとても有効^_^

校訂を複数比べてみるのも、とっても面白いです!


そして

後半に演奏したリストの

巡礼の年第1年『スイス』(全9曲)は、本当に奥深い。

一曲ごとのエピソードや、当時リストが置かれた環境、

出版までの経緯、歴史的な背景を考えても、

底なしくらいに深〜い世界です。


いずれ、再び全曲を演奏したいと思っています。

(ちょっと熟成が必要。。。)


この『スイス』の中に

「オーベルマンの谷」という大曲があるのですが

この曲は、セナンクール(フランスの作家)の

「オーベルマン 」という小説に由来していまして。


曲の冒頭に、「オーベルマン」からの引用で

こんな一節が記されています。


「私は何を望むのか?私は何者なのか?

自然に何を望み得るか?・・・」



これから少し時間をかけて、

再度、もとい、再再々度、くらいになりますが

自分自身のことを今一度、深掘りしていこうと思います。

演奏のことでいっぱいになっていた頭も、夏休み。


落ち着いて時間をとって

自分が何者なのか。

自分の使命とは何か。

何のために生まれて、何のために生きるのか。

そんなところをより具体的に、明確にしていきます。

演奏に活かし、

レッスンに、ライフコーチングに活かし

もっともっと自分の人生を生きるために。



それでは。


コンサート裏話。
音楽・教育・人生の仕組み・
観念の書き換え・真理と心理・・・
レイキエネルギーを乗せた音源も配信しています。

【Happy Original Life】メルマガ登録は、こちらから↓
https://resast.jp/subscribe/88057







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。